読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

似非ミニマリストのキャビン

ドニー・イェンをベースに世相を斬る!ことは可能なのでしょうか?

書評

『人生がときめく片付けの魔法』(近藤麻理恵)◇ 魔法は本当に効くのか?

友人からすすめられた片付け本を読んで けっこう衝撃でした。こんなことここで言ってる事自体、似非ミニマリストたる所以なんですけど。

『本当は日本が大好きな中国人』(福島香織)が、イロイロ勉強になりました

タイトルからして、Record Chinaの提灯記事? 責任転嫁の王様、朝日新聞の回し者?あるいは調子乗りすぎなことがある産経臭満載か?と警戒して、興味はあるものの長らく遠ざかっていた本です。 結論としては、ネットのニュースだけでは到底理解できない「中…

日経新聞(17年1月6日)「貧乏にコンプレックス」◇パックンの成功学にみる本多静六イズム

トランプ旋風によるアメリカの話題が連日絶えない中、 アメリカ人代表(一応)としてますますテレビ等で引っ張りだこのパックンですが、若いころは「ど貧乏」だったそうです。 いけてないからこそ輝きを放つものが この世にはある。 (後述のパックンの短パ…

『中国茶 風雅の裏側』(平野久美子)◇生半可に手を出すと火傷する

香港で、聞かれもしないのに いきなり店員にジャスミン茶をポットで出されたあなた!そしてわたしは、ド素人扱いされてるってこと。

だってわたしは、高円寺女子だから。◇『高円寺東京新女子街』(三浦展)

高円寺と言えば? ロッカー志望者、若手芸人、はみ出し者刑事(でか)の居住地。つけ麺、エスニック、ブルースバー。もと銀行ビルで営業するマッサージ店。阿波踊り。 で、高円寺女子って?

あのライザップを1,300円で体験?◇『自宅でできるライザップ 運動編』

「結果にコミットする」を謳い、 衝撃のビフォア・アフターCMで破竹の勢いのライザップ。ハウツー本もアマゾンを席巻しているようですが、実際のところどーよ?

『大東亜戦争「失敗の本質」-優位戦思考に学ぶ』(日下公人)◇「アホな戦争」論には違和感のある人へ

アマゾン・レビューが好評なので 読んでみました。

『成功する練習の法則』(ダグ・レモフ他)◇練習のコツを満載

上達には練習が大切なのはわかるけど、 どう練習すればいいの?

えげつな! 余華の『兄弟(上)文革篇』

「えげつな! おまえ、こんなの読んでんの?!」 余華の『兄弟(上)文革篇』をふと手にとってパラ読みした夫の口から もれた叫び。 そう、女便所のケツの話から始まるえげつない小説。それに続く怒涛の感動ドラマ。なんなんだよ、これ。

『老ける食べ方 若返る食べ方』(山岸昌一)◇こんがり料理が老化を促進?

食べ物…というより 食べ方で老化の進行が変わるって?早く言ってよ! 「好食!」 『アイスマン』撮影現場でラーメンを食べつつ 親指でサインを送るドニー・イェンさん。 Images of Donnie Yen from Iceman Cometh 3D | Get Your Martial Arts Fix Here!

『習得への情熱-チェスから武術へ』(ジョッシュ・ウェイツキン)◇奥義はまたしても…

自分が進む道において上達したい。 誰だったそう思いますよね?上達にはコツがあるみたいですよ。知りたいですよね?

台湾=チャイニーズ・タイペイ? そうだ『台湾論』(小林よしのり)を読もう!

質問: 2020年東京オリンピックに台湾からやってくる選手団の名前は? ①台湾選手団②チャイニーズ・タイペイ選手団③中国選手団④民進党選手団⑤TPE48 え?とおもったあなた、いっしょに『台湾論』を読んでみないかい?

『50代でも30代の肌が手に入る アーモンドを食べるだけでみるみる若返る!』(井上浩義)◇本気で取り組んだ結果

「ひと粒食べると1歳若返る」(p18)の記述を信じると、不肖わたくしも、1日30粒も食べればでティーンに戻る計算である。ということで、さっそく2016年1月から取り組んでみた結果...。

『体脂肪が落ちるトレーニング』(石井直方・谷本道哉)◇で、ラクラク肉体改造

思えば3年前、石井先生の 『スロトレ』で「スロー・トレーニング」によってラクして筋肉をキープすることを覚え、以来社内でスロトレの布教に励んでいたわたしでした。しかし、このたび[クイックー>スロー]トレーニングがさらに強力であることを知ってし…

『世界をだました男』(F.アバネイル)◇制服=権威にめっぽう弱い、にんげんだもの

わたしはブランド興味ないし、といっているわたしは単にブランドに興味ないというトレンド(優勢な権威)にのっているだけかもしれないし。権威に弱いのがにんげんだもの。

『熱誠憂国』(李登輝)◇未来を見続ける93才のメッセージ

2014年の「ヒマワリ学生運動」、 柯文哲(かぶんてつ)の台北市長当選、そして今年の蔡英文(さいえいぶん)台湾総裁誕生と激動の変遷を遂げる台湾を、台湾民主政治の父はどのように見ているのでしょうか?

釣られまくりのワタシだが、『スルーする技術』(トキオ・ナレッジ)を学ぶ

どうでもいいことに 引っかかっている間に 大切なことを遂行できていない… そんなワタシが学んだ 「スルー」テクニックの数々。

『モリタクの低糖質ダイエット』(森永卓郎)◇ドニー・イェンは無理でも、モリタクの身体なら目指せる

最近夫がダイエットと 筋トレに熱心である。彼の心に火をつけた人物、その名はモリタク…。

『イングリッシュ…モンスターの最強英語術』(菊池健彦)◇奥義はあっけにとられるほど単純であった

カップ麺容器を使って己の声に耳を傾ける 1 はじめに… 英語、何十年やっててなんで新聞も満足にできへんねん?おかしーやろ? ということでイングリッシュ・モンスターに奥義を教わった。

『ゴーマニズム宣言 天皇論』(小林よしのり)で、天皇について学ぶってことで、よろしくて?

1 はじめに… 天皇についてのモヤモヤがちょっととすっきりします。日本人である自分についてのモヤモヤもね。

『知日 なぜ中国人は、日本人が好きなのか!』(毛丹青)を読んで我「知中」(我、中国ヲ知ル)

その後、東方航空のサービスは 急上昇中らしいです。 (5分で読めます) 1 はじめに… 中華人民共和国の人たちって なんで反日ドラマ毎日放映して、 日本のデパート襲撃しておきながら、 一方で 京都の寺に感動したり、 北海道でチョコレート爆買してるの? …

『蔡英文新時代の台湾へ』◇小英は台湾ブランドを創れるか?

(3分で読めます) 1 はじめに… 2016年1月。台湾の政権が中国外陸よりの国民党から独立志向の強い民進党に交代しました。党首、蔡英文の手腕やいかに?ということで本邦初刊行の彼女の本を読んでみました。

だれこの美人?『日本よ、台湾よ』金美齢さん

(3分で読めます) 1 はじめに… 最近まで知らなかった台湾の歴史。学校の授業でもすっ飛ばされたし。 この本を読むと台湾と日本が前よりも好きになります。

 『いますぐ書け、の文章法』(堀井健一郎)を読んで、今すぐ書いてみた

(3分で読めます) 1 はじめに… すぐ書け、ってそんなの書けないよーと思って『いますぐ書け、の文章法』を読んでみました。書くことへのプレッシャー(恐怖)がやわらぎます。

余華の『血を売る男』で文革以降の中国庶民生活のイメージを掴む。ちょっとジンともくる。

(3分で読めます)1 はじめに… 『血を売る男』は余華の中編小説。 『ほんとうの中国の話しをしよう』が良かったので 読んでみたら結構面白かったです。 余華 - Wikipedia 「おいコラ、誰に断って写真載せてんねん…」 うーん、いいお顔。

余華の『ほんとう中国の話をしよう』で、ほんとうのとこを知る

(3分で読めます) 1 はじめに… 毎日ネットで中国の話題を目にしないことはありません。共産党の大風呂敷、尖閣諸島、歴史問題。かと思えば、爆買い、「日本に感動した中国人…。 一体本当のとこ、中国ってどんな国なんだ? そんな疑問が一部氷解させてくれ…

『野武士のグルメ(増量新装版)』(久住昌之)で風邪を治す 

(5分で読めます) 1 はじめに… ドラマ化して大ヒットの漫画『孤独のグルメ』。 同じ作者のエッセイが『野武士のグルメ』です。 実は期待してなかったんですが かなり面白かったです。

『成功するために必要なシンプルな話をしよう』 ◇ 本多静六を知ると人生100倍面白くなるよ

(4分で読めます) 1 はじめに… わたしの似非ミニマリスト生活は 本多静六とを知って始まりました。 世に万巻の成功本がありますが、 一番わたしが感動かつ納得したのが 本多静六先生の本です。 なかでもこの 『成功するために必要なシンプルな話をしよう…